FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転ばぬ先の杖 安全でクリーンな現金を作る方法

jashdiuhaiuh

不景気で、かつての昇給は見込めないが、年齢を重ねるごとに支出が増えていくことは変わらない。
お金がなくなるのは当然で、それでも収入の中でやりくりしなければならないが、困ったときにお金を作る方法がある。

クレジットカードの換金だ。

現金が手に入るが、クレジットカードの支払いはしなければいけないので、一時的に前借りしているようなものだが、上手に使えばかなりやりくりが楽になる。
借金ではないため審査などがなく、何らかの理由で借金ができないという方は、すでに利用されているかもしれない。
このブログでもいくつか紹介しているが、今後さらにこういった備えが必要になりそうだ。


われわれは景気をうらんで泣くことしかできないのか

われわれの生活は、景気に大きく左右される。
景気、さらに経済というものは、社会全体のマクロ的動向に他ならないが、われわれ一個人が景気にインパクトを与えることはできず、せいぜい株価の上下で一喜一憂するばかり。
数年前からかなり大胆な金融緩和政策が実施されているが、株価など数字の上では一時的に効果が見られるものの、実体経済レベルから見れば「何をなってもだめ」という印象が根付いてきている。
日銀黒田総裁の「黒田砲」は何発放たれたであろうか。確か3年以上前の話だが、そのたびに株式市場が沸き立つばかりで、結果としてわれわれ国民に恩恵はなかった。

一部には、「すでに企業ではお金がプールされ始めており、これが設備投資などに向き始めれば経済が好転し、やがてわれわれの給料にも還元される」などとまゆにつばをつけたくなる話も聞こえてくる。
しかし、実態はどうであろう。シャープは中小企業として生き残りにかけるも、すでに自立できなくなり、外国の企業に身売り。
筆者世代の感覚では、台湾の家電メーカーに日本の代表する企業であるシャープが買われるとは大変ショッキングな出来事だ。


かつての天下の東芝、シャープが自立歩行困難

どこかに救済してもらわなくては潰れるシャープ。ホンハイに6000億円という巨額な資本を入れ、救済してもらう以上、シャープの経営の独立性を尊重してくれという条件は通用しないだろう。ホンハイでなくても「独立した経営をしていてだめだったからこうなったんだろう?」と考えるだろう。ホンハイの傘下で経営を再建し、なるべく首切りの人数を抑えてもらいたいものである。

東芝も空中分解寸前。単純に1万人のリストラと言うが、1万人が職を失うのである。
家電部門を売却し、「東芝」の会社自体は残そうと必死だが、そもそも家電を売っていた会社が、本体である家電部門を売却するというのだから、実質すでに空中分解していると言ってもいい。

なにも家電メーカーだけの話ではなく、とても景気が好転しているとは思えない状況で、われわれの所得が全体的に上がることがないのは明白だ。


昇給は期待できず、不安は増す一方

われわれはいつも、景気経済、政府の失策をうらむばかりである。

都心の繁華街では、つぶれた店の後に入るのは280円均一の居酒屋と立ち飲み、立ち食いの店ばかり。身なりのきちんとした50歳前後のサラリーマンでも、女性を同伴して立ち食い店に入るありさまである。世が世なら、ゆったりとした時間の中で、高級店での所作になれない女性をサポートしつつ、自慢話を交えながら女性を口説くこともできたであろうが、そうも行かない現状だ。

しかし誰にも責めることはできまい。そういう時勢なのであり、しいて言えば「景気」のせいである。

毎年の昇給は期待できないが、結婚し、出産し、子供を養育する立場になれば、通常50歳くらいまでは支出は増えていく。その後、親の遺産を当てにできる恵まれた方を除けば、自分の老後の資金、親の介護費などを、なんとか働ける内に捻出しなければならない。
一般的には60歳を過ぎ、ようやく住宅ローンの完済が見えてきた頃には、親の介護の問題が出てくる。住宅ローンとほぼ同額の介護費。はたしてこれからの日本で、全額引き受けられる長男長女がどれくらいいるのだろうか。

不安は増す一方である。

平均的な所得でも、住宅ローンだけでカツカツの生活を強いられる現状で、家を持たないという選択をする人も多い。しかし、ローンはいつか終わるが、賃貸の暮らしで家賃がなくなるということはない。住む家を相続することができなければ、一生死ぬまで家賃を払い続けることになる。老後、収入がなくなり、年金も期待できない日本で、死ぬまで家賃を支払い続けることが、生易しいものではないことは想像にたやすい。

こうしてみると、われわれの持つ選択肢のうち、どれを選んでも余裕がなく、苦しい、八方塞がりのようにすら感じてしまう。

来年春から消費税率が10%になる。
現在の所得税率は所得が330万円~695万円で20%。

働いては搾取され、感謝されず。わずかな給料から社会保険料や税金を支払い、あまり還元されない。家を買えば銀行に莫大な金利を支払い、賃貸で暮らせば死ぬまで家賃。

好景気で希望があれば、それが当たり前と思えるかもしれない。しかし、所得が上がらず、ビジネスが進展しない今のような状態は、八方塞がりと感じるのが普通の感覚である。

筆者もせいぜい、どうしてもお金が必要なときに現金を作る方法を探すことで、「転ばぬ先の杖」いざというときに生き延びるすべを持つばかりである。
秘密の安全でクリーンな方法を、メールでお教えしているので、ご興味があれば連絡してほしい。


人気記事セレクション
↓審査なしで20万円必要な方はこちらの記事から

【2016年版】比較!クレジットカード換金方法ベスト3

数日でお金が必要なら50万円は作れます

お金が借りれなくなったときの対処法

最新の現金調達法 【2016年更新】

金券ネット販売の停止

商品券クレジットカード購入の危険性

関連記事
クレジットカード利用停止にならない方法

数日で20万円のお金を用意する方法

クレジットカード支払い延滞でブラック入りはいつから?

審査なしでお金を借りたい人は・・
スポンサーサイト

テーマ:クレジットカード・ローンカード - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめの人気記事
管理人が利用している『審査なし』『手続き5分』安全な現金の作り方
プロフィール

隊長

Author:隊長
年間200万以上は商品券を購入している、商品券の達人です。
商品券は時に、現金を超えた使い方ができます。
上手な購入の仕方、賢い使い方、裏ワザ的な使い方など、自身の体験談と共に紹介します。
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。