FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クオカード換金情報

quo.jpg


商品券のクレジットカード購入に規制が入り、クオカードの換金に関するご質問を定期的に頂戴するので、中でも多い次の2点の疑問についてご紹介する。

■クオカードはクレジトカードで購入できるのか
そもそも商品券、金券類をクレジトカードで購入し、換金することを目的としている場合を想定してみる。
まず、クオカードがクレジットカード購入できるのか。このご質問が最も多い。結論から申し上げてクオカードは基本的にクレジットカードで購入できない。

「基本的に」と付け加えるのは、例外的方法があるためだ。セブンイレブンのチャージ型電子マネー、nanaco(ナナコ)を経由することで購入するという方法がある。
nanacoとはセブンイレブンなどで使用できる電子マネーなのだが、近年交通系電子マネーが統合と利用可能な店の拡大により便利になったためセブンイレブンでの買い物でポイントをためたいという方以外には需要が減少している。


・ポイント系電子マネー
交通系電子マネーは関東圏ではSuicaが代表的だ。Pasmo(パスモ)などもあるが、統合によりSuicaさえあればJR路線、私鉄、地下鉄、バスなどで利用できるためSuica普及率が高い。駅キオスクなどの売店はもちろんのこと、コンビニ、タクシー、牛丼チェーン店、自販機でも利用できるため、電子マネーの代表格となる存在である。都市部ではポイント還元率の高い家電量販店でもビックカメラがSuicaとビックポイントカードがひとつになったポイントカードなどを発行しているため、ポイントカードとしても優秀だ。

ポイントカードとしては、書籍、レンタルDVDを扱うTSUTAYA(ツタヤ)を発祥とした「Tポイントカード」がファミリーマートや大手焼き肉チェーン店、yahoo!などと提携し一角の雄と言える。その他ローソン、GEOで使える「Pontaカード」(ポンタ)、最近ポイントマーケットに参入した「LINE ショップカード」などある中、セブンイレブン、イトーヨーカドー系のnanacoという立ち位置である。
nanacoは電子マネーとして利用可能で、チャージはクレジットカードに対応。小銭いらずのためイトーヨーカドー系のスーパーとセブンイレブンで出費の比率が高いエリアにお住いであれば利便性は無視できない。

さて、クオカードはコンビニで購入できる。この時の支払いは現金でクレジットカードでの支払いはできない。金券類での支払いもできない。贈答用のプリペイドカードとしてもらうとうれしいクオカードだが、自分の買い物用としても特典がある。


・クオカードの利点
クオカードは1万円券が10180円、5千円券が5070円分利用できる。そう、おまけがつくのだ。わずかではあるが、おまけが無い現金よりもクオカードで購入した方がいいに決まっている。そう考える人は少なからずいて、クオカード自体がTポイントカードやポンタカードなどと比較してかなり薄くできているためさいふのじゃまにならず、書店やガソリンスタンドでも使えるので積もり積もってのおまけ分を重視する人が意外と多いのだ。


・例外的クオカードのクオカード購入する方法
このクオカードを購入する際に、現金で支払って1万円分購入すると180円のお得。しかし知る人ぞ知るnanacoへのチャージにクレジットカードを利用してクレジットカードのポイントを稼ぎ、更にクオカードのおまけ分を稼ぐという方法がある。実質クレジットカードでクオカードが購入できるということになるのだ。これが先述した例外的な購入方法である。
※後述するが電子マネーへのチャージ用途でポイントがつくクレジットカードはごくわずか。

■コンビニで購入したクオカードは金券ショップ買い取り拒否の金券
小銭いらずで利用可能な店舗が多く、おまけがついてくるクオカード。nanacoを経由してクレジットカード購入し、クレジットカードのポイントとnanacoのポイントで稼ぐ方法を紹介した。ちなみに先述した通りこれは例外的な方法で、nanacoへのチャージでポイントがつくクレジットカードは少ない。ほとんどのクレジットカードは電子マネーへのチャージ用途だとポイントはつかない。この辺りはリクエストがあれば詳しく紹介しよう。

だた、その利便性から金券ショップではJCBギフトカード、VISAギフトカード、全国百貨店共通商品券と並ぶ主力商品である。金券ショップでクオカードを買えば10180円分使えるクオカードが1万円を割る価格で購入できるため、クオカード購入目的で金券ショップを訪れる方は多い。金券ショップは支払いが現金のみのため、クレジットカードや金券類は使えないが、節約術としては敷居が低く、nanaco経由でクオカード購入するより利用者も多い。

金券ショップではご存知の通り、金券やコンサート、映画チケットなどを額面以下で買い取り、少々の利益を乗せて販売することで成り立っている。販売価格も額面未満なので金券ショップを利用する利点がある。


さて、コンビニで購入したクオカード。実は金券ショップで買い取り不可の金券なのだ。
コンビニで購入したクオカードは、通し番号が00から始まる。金券ショップは番号が00のクオカードを買い取らない。

コンビニで売っているクオカードは全て番号が00から始まるのだが、このクオカードは購入した時にレジで利用可能にする手続きを行う。この手続をしないと番号00のクオカードは使えない。金券ショップは番号00のクオカードが、この手続きを行っているのかどうか、見た目では判別することができないのだ。このため金券ショップでは番号00から始まるクオカードは買い取りを拒否する。


・かつて横行したクオカード現金化犯罪
クオカードは金券なので換金率が非常に高い。このためコンビニアルバイト店員などの盗難が相次いだ。レジの現金を窃盗すると毎日締め作業を行うため、シフト表から容疑が確定してしまう。このため比較的管理が甘い金券類や換金しやすい商品が狙われた。昭和50以降生まれの方はご記憶にあるかもしれないが、コンビニはクオカード誕生以前からゲームソフトの販売をしていたが、アルバイトの盗難被害が大きく現在では消極的だ。予約販売のみである。切手など換金率が高いものは数千円程度しか在庫確保しないためリスクをある程度許容できるが、1枚1万円のクオカードの盗難被害は気づくのが遅ければ死活問題になる。ちなみに家電量販店はこの問題を解消できていない。徹底した在庫管理と監視カメラでの抑止力に頼っているのが現状だが、常に管理責任者が常駐しているので問題は大きくならないようにしている。しかしコンビニは通常24時間営業なので監視の目が行き届くことは難しいのだ。

盗まれたクオカードの多くは金券ショップに流れ、換金される。そこでとった対策がアクティベートである。


・アクティベートとその効果
アクティベートとは、レジを通すことによってはじめて金券類を使えるようにする手続きのこと、現在コンビニではクオカードの他、アマゾンギフト券やGoogle Playの金券、Line他各種ギフトカードを販売しているが全てこの手法になっている。こうしたギフトカードは万引きしてもただのプラスティック板で無価値。レジを通しアクティベーションすることで使えるようになる仕組みだ。レジを通す手続きは、どのスタッフが手続きしたかわかる仕組みなので、アルバイトスタッフによる盗難も防ぐことができ、万引きされても被害をなくすことができるのだ。

しかし金券ショップでは、持ち込まれたクオカードやギフトカードがアクティベートされているのか、万引きの盗難品なのか目視で判別することができない。このため買い取りできない金券として扱われている。


■クオカードの換金総評
クオカードは例外を除いてクレジットカード購入することはできない。例外的に一部のコンビニで購入できるが、コンビニで購入されたクレジットカードは金券ショップその他で買い取り拒否の金券である。

以上のことから全く換金に向かない金券であることがおわかりいただけただろう。もちろんコンビニ販売でない贈答品のクオカードは盛んに金券ショップで買い取りを行っている。しかし積極的な現金調達目的では当てにならない金券だ。
筆者は商品券クレジットカード購入規制前に、クオカードの換金率の高さに目をつけ、クレジットカード販売のクオカードをネットショップで1万円券を10800円程で購入したことがあるが、届いたクオカードは番号が00から始まるものだった。つまりコンビニで仕入れたクオカード。大損した経験がある。

現在のところ、nanaco経由でほんのわずかなおまけ分を望んで使うか、金券ショップで若干安く購入しわずかなお得分でメリットを得るほかクオカードの使いみちはない。
結論としてクオカードから数万円からの現金を作る方法はないのである。


人気記事セレクション
↓審査なしで20万円必要な方はこちらの記事から

【2016年版】比較!クレジットカード換金方法ベスト3

お金が借りれなくなったときの対処法

最新の現金調達法 【2016年更新】

金券ネット販売の停止


関連記事

クレジットカード利用停止にならない方法

数日で20万円のお金を用意する方法

クレジットカード支払い延滞でブラック入りはいつから?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめの人気記事
管理人が利用している『審査なし』『手続き5分』安全な現金の作り方
プロフィール

隊長

Author:隊長
年間200万以上は商品券を購入している、商品券の達人です。
商品券は時に、現金を超えた使い方ができます。
上手な購入の仕方、賢い使い方、裏ワザ的な使い方など、自身の体験談と共に紹介します。
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。