FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の富裕層上位40人が、全世帯53%の資産を独占【格差】

米雑誌『フォーブス』の集計では、日本の超富裕層上位40人が保有する資産総額が12年の7・2兆円から、15年には15・9兆円へと2・2倍にも膨れ上がっています。

 小池氏は「上位40人を平均すると、たった1人で10万世帯分の資産を保有している」「上位40人の資産は、全世帯の下から53%程度が保有する資産に相当する」と指摘。

超富裕層1人が10万世帯分の資産保有
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-03-30/2016033001_04_1.html



日本の資産の半分以上は上位40人が保有

日本の金持ち上位40人の資産が、全世帯の下から53%が保有する資産に相当するとは驚きである。これほど格差が広がっているとは、声も出ないという読者も多いのでは。

まさに酷寒の時代。本年度も凍死者続出の気配だが、なんとか命をつないでいきたい。当ブログでは、お金がなくてどうしようもなくなったときの対処法をご紹介してきたが、場面によっては本当に命をつなぐ情報になるのではないか。


貯金ゼロ世帯は47・6%

日銀が行った調査で「貯蓄ゼロ世帯」は「世帯人数2人以上」が30・9%。「単身」で47・6%へと急増。3年間で470万世帯増え、1892万世帯と過去最高に達した。

結婚したくてもでいない。子供を産んで育てたくてもできない。当たり前である。
上記の日銀調査では、未婚の2人に1人は貯金ゼロではないか。したくても、将来のプランがたつはずがない。少子化はこの数年でより深刻化するだろう。

こちらの表をご覧いただきたい。

kdsajiusa.jpg

東洋経済社が作成した資料だが、すでに全体では貯金を切り崩して生活しているというペースになっている。

収入は増えない。支出は上がる。お金がなくなり借金地獄に陥ってしまう可能性は十分にある。今季春闘でも全体的にはベアは見送られ、昇給もここ数年で最も低い数値である。お金がなくなるのは火を見るより明らかであり、なにも個人の問題ではなく、一部の金持ちを除いた全員が同じ境遇だ。

われわれ消費者のほとんどは、なんとか支出を抑えて、節約しながら生活する他ない。お金をなるべく使わない生活をするしかないのだから、デフレ脱却が聞いて呆れる。


お金がないとき必要なとき

そんな中、どうしてもお金が必要になる場面に、当ブログが提供している情報がお役にたつだろうと自負している。

マイナス金利も、個人事業主や高規模な会社に運転資金融資の恩恵はまわってこない。それでも設備投資など将来に向けたお金を惜しんでは競争力が低下し、生き残れなくなる。まさに酷寒の時代としか言いようがないが、必死に生きていかなければならないのだ。


お金を用意する方法

当ブログでは特におすすめしているのは、クレジットカードでの注文品を返品し、返金を現金で受け取る方法。
ネット通販による非対面取引なので、スマートフォンかパソコンさえあれば、安全にお金を作ることができるクレジットカードの換金法だ。

サラ金や銀行カードローンのように審査がないので、ここぞと言う場面でも利用可能。実際に利用して、この方法がなかったらどうなっていただろうと想像すると背筋が冷たくなる気分である。

ほんの少数の読者しかいない当ブログだが、転載されるとお店に迷惑がかかってしまうため、詳細はご興味のある方だけにメールでお伝えしている。
お店の情報を知りたい方はこちらまで。

安全な現金調達の方法はこちらから
rz350yzfr1◎yahoo.co.jp
(◎を@に変えてください)

スマフォでご覧の方はこちらから
※PCメール受信拒否設定などされていますと返信できませんのでご注意ください。

数人で利用している貴重なお店なので、もしもお問い合わせが多かった場合は、人数に制限をさせて頂くので予めご了承願いたい。



人気記事セレクション
↓審査なしで20万円必要な方はこちらの記事から
お金が借りれなくなったときの対処法
【2017年版】比較!クレジットカード換金方法ベスト3
数日で20万円のお金を用意する方法
最新の現金調達法 【2017年更新】
錬金術 12年で1500万円 金券ショップで旅行券購入し新幹線切符を換金
金券ネット販売の停止

関連記事
クレジットカード利用停止にならない方法
数日でお金が必要なら50万円は作れます
商品券クレジットカード購入の危険性
クレジットカード支払い延滞でブラック入りはいつから?
審査なしでお金を借りたい人は・・
クレジットカード購入で現金払い戻しをするとこうなる

スポンサーサイト

テーマ:クレジットカード・ローンカード - ジャンル:株式・投資・マネー

飲食店からみる昨今の世情

jhdsaiuhdiusahiudsah.jpg


デフレまっただ中

飲食店からの世相をみるに、現在進行形でデフレは進行している。

6年程前、関東では「金の蔵」に代表される280円均一が圧巻した。激安居酒屋が300円前後のメニュー均一価格帯を全面に打ち出し、都内近郊の繁華街では「○○均一」の看板が溢れかえっていた。関西地方では「鳥貴族」が有名であろうが、この頃関東に進出し、またたくまに受け入れられている。

2年程前からは、以前からあった立ち飲み屋スタイルが浸透しきって、立ち食い店がみるみるうちに店舗を増やしていく。立ち食いすし、立ち食いステーキ、立ち食いフレンチ、立ち食いイタリアンと、なんでもござれだ。

昨今では立ち飲みスタイルで、場代をとり、酒などの飲料だけ提供し、つまみなどは客が近くのコンビニで仕入れてきて、自由に持込みできる形態や、「缶詰バー」というつまみは缶詰のみ提供する形態の飲み屋が売り上げを上げている。


限界まで安いものしか買えない

これらの戦略は、なにももの珍しいくて客が入るというものではもちろんなく、消費者の消費動向に合わせた結果である。商品単価を極力下げ、その割には満足できるお店づくりが、現代のニーズに合致するのだ。

財布の紐は依然固く結ばれ、カネは極力外に出さないという、消費マインドだ。冷えきっていると言っていい。

当然、先行きの不安からくるデフレ現象であり、日本経済はほとんど循環が機能していない状態である。

ここ数年は材料費と光熱費が高騰しているため、ほとんど利益がとれないはずだが、飲食店経営側も「生き残るためには」という苦肉の策だ。


お金がない

今注目されている春闘でも、大局では労組のベア要求は見送られ、ここ数年の比較でもかなり低い水準での賃上げに留まっている印象が強い。われわれ労働者の賃金は、生活必需品の購入範囲の最低限まで制限され、今後昇給する見込みもない。起業がいくら生産しても、賃金が上がらなければ消費マインドは下がる一方。モノは売れない。

この悪循環が長期間続くと、われわれ消費者は「買いたくても買えない」という心境から、「欲しがったり考えてもムダだからカネを使わない生活をすることになれる」という心理が定着し、内需の拡大は望めなくなるのではないか。

個人で商店を営まれている方や、数名で工場や公務店などをされている方は特に厳しい。厳しい中でもやりくりして設備投資など行わなければ、より競争力が低下して生き残りが難しくなる。

当ブログでは審査なしで運転資金を融資する安全な方法を紹介しているが、この方法を利用しなければ資金ショートしていたという利用された方の感謝のメールをいただくにつけ、自ら情報をさがして動かなければ、今までのようにはやっていけないとと筆者自らも強く感じているところだ。

筆者自らも金策にあえぎ、幸運にも安全に資金を調達する方法を得たが、金券ショップが駅前にあふれ、行列を作っている現状を見るに、誰にも頼れずに僅かな金額を節約するという行動を取られている方がこんなにも多いのかと、将来を案じてしまう次第だ。


人気記事セレクション
↓審査なしで20万円必要な方はこちらの記事から

お金が借りれなくなったときの対処法

最新の現金調達法 【2016年1月更新】

金券ネット販売の停止



テーマ:クレジットカード・ローンカード - ジャンル:株式・投資・マネー

クレジットカード利用停止にならない方法

ksaljdnmnmnxzuihuyw.jpg

クレジットカード利用停止

お問い合わせいただくので最近多いのが、「アマゾンギフト券をクレジットカード購入したらクレジットカードが利用停止になり困っています。」という相談だ。

アマゾンギフト券を購入してカード会社からクレジットカード利用停止処分の憂き目に会い、リボ払いや分割払いにしていた残債分も一括請求されての支払い不能状態でにっちもさっちもいかない行き詰まり状態だ。

「アマゾンギフト券 カード停止」で検索すれば即クレジットカード利用停止になり、悲鳴に近い書き込みがワンサカと出てくるのだが、数日中にどうしても現金が必要だという場合はこういったリサーチをする余裕はない。

気持ちはわかるがこれくらいの危機管理は持ちたい。

しかし金を用意する日数に限りがあればなかなかそうも言っていられない。
アマゾンギフト券などの金券をネット購入する現金調達。せっかく見つけた方法を前にして「たぶんこれで大丈夫なはずだ」という根拠の無い希望的観測にすがらなければならない状況というのは、この世知辛い世の中でだれもが経験することだと思う。最近は、ギフト券換金は危なく、金券ネット購入できるiTunesカードなども危険だという。

カード利用停止は、実際のところかなりキツい。
分割支払い分、リボ払いの残債など一括請求されることもさることながら、新規にクレジットカードが作れなくなる、ローンが組めなくなるなどの将来性への制限が大きくなるからだ。



ローンはみんな利用する

クレジットカードとは言葉の通り、信用で成り立っている。さらに言えば貨幣経済自体が信用で成り立っているわけなので、カード利用停止という信用を失墜させるのは避けなければならない。将来性といえば例えば住宅の購入だ。

住宅を求めるときにキャッシュで支払う人は皆無に近い。住宅ローン金利というのは固定金利でも2%前後で、通常億単位の金を動かす大企業が借り入れるプライムレートより優遇されている。キャッシュで購入できる人間も全て一括では購入せずに、価格の半分以上は住宅ローンを利用するという判断をする。

個人でプライムレートで借入できる代表的な融資が住宅ローンである。うなるほどの金を持っていても、住宅を一括で購入せず、のこした金を流用して増やすのがセオリー。

安い金利なら、金があっても借りてしまい、現金は他に使ったほうがいいと考えるのが富裕層の常なのだ。

車を買うのも、賢い金持ちほど一括で購入せずにオートローンを使う。車好きな方はご存知の通り、自動車ローンもプライムレートに近い。メーカーが負担するからだ。

自動車メーカーは販売台数で凌ぎを削る業界。販売台数が即株価に反映し、株価が下落すると資金調達力が乏しくなり、設備投資や開発費用が如実に圧迫され、さらに株価に影響し負の連鎖に陥り競争力が低下してしまう。一度競争力が低下してしまうと、当然他社に抜きに出られ取り残されてしまう。

自動車メーカーは販売台数を追いかけなければならないのは自明の理である。

我々は金が唸っているわけでもなく、毎日の暮らしを今よりも少し豊かにしたい、ささやかでも家庭を持ち住宅を確保し、必要であれば車くらいは所有して人並みの生活を望むばかりだ。

都市部に住んでいる方は、最近車を求めなくなっている傾向だが、鉄道がはりめぐらされている都市部など、日本でも数か所なのが実情である。多くの人はやはり通勤や買物で車が生活の中であるに越したことはない。

しかしお安い買い物ではないので、ローンで購入せざるを得ない。しかも世界一の国産自動車でも耐用年数に限りがあるので、買い替えが発生する。

その時にローンが組めないのは致命傷だ。
金融ブラックになるのは、なんとしてでも避けるべきだろう。



安全にお金を作る

先述したが、人生の中で穏やかにお金の心配をせずにずっと暮らしていける方はよほど恵まれている。

ほとんどは長い人生の中で経済的なピンチは訪れるはずだ。
この時の判断が後の人生における将来性を大きく左右してしまう。悪い判断をしてしまうと長期に渡りその影響が離れず、制約された生活を強いられることになる。

しかしいざピンチの時に、時間は待ってくれないゆえ、一刻もはやく安心したいために安易な方法をとってしまいがちである。

先述した「アマゾンギフト券 カード停止」の検索だけしても、他の方法がなければカード利用停止のリスクを知っていてもせざるを得ないという判断をしてしまうだろう。しかし「アマゾンギフト券 カード停止」で検索して、実際に利用停止になった方たちの悲鳴の中に混ざって、アマゾンギフト券買い取り業者の「心配いりません安全です」のPRには苦笑してしまう。
これだけの悲痛な叫びの中で堂々と安全性を宣伝しているのは、どれだけの宣伝効果を期待しているのだろうか。

ピンチの時には今をとにかくしのがなければ。先を見ている余裕はない。こういった心境に陥りやすい。
しかし諸君には、ぜひカード利用停止=信用の失墜を避けてほしいと切に願っている。

いろいろな方法があるが、筆者が利用している方法は詳しく書いた記事があるので、ご興味のある方はご覧になっていただくとお役に立てるかもしれない。
審査なしでお金を作る方法はあるが、安全性が高いのでおすすめだ。


人気記事セレクション
↓審査なしで20万円必要な方はこちらの記事から
お金が借りれなくなったときの対処法
【2018年版】比較!クレジットカード換金方法ベスト3
数日で20万円のお金を用意する方法
最新の現金調達法 【2018年更新】
錬金術 12年で1500万円 金券ショップで旅行券購入し新幹線切符を換金
金券ネット販売の停止

関連記事
クレジットカード利用停止にならない方法
数日でお金が必要なら50万円は作れます
商品券クレジットカード購入の危険性
クレジットカード支払い延滞でブラック入りはいつから?
審査なしでお金を借りたい人は・・
クレジットカード購入で現金払い戻しをするとこうなる

テーマ:クレジットカード・ローンカード - ジャンル:株式・投資・マネー

転ばぬ先の杖 安全でクリーンな現金を作る方法

jashdiuhaiuh

不景気で、かつての昇給は見込めないが、年齢を重ねるごとに支出が増えていくことは変わらない。
お金がなくなるのは当然で、それでも収入の中でやりくりしなければならないが、困ったときにお金を作る方法がある。

クレジットカードの換金だ。

現金が手に入るが、クレジットカードの支払いはしなければいけないので、一時的に前借りしているようなものだが、上手に使えばかなりやりくりが楽になる。
借金ではないため審査などがなく、何らかの理由で借金ができないという方は、すでに利用されているかもしれない。
このブログでもいくつか紹介しているが、今後さらにこういった備えが必要になりそうだ。


われわれは景気をうらんで泣くことしかできないのか

われわれの生活は、景気に大きく左右される。
景気、さらに経済というものは、社会全体のマクロ的動向に他ならないが、われわれ一個人が景気にインパクトを与えることはできず、せいぜい株価の上下で一喜一憂するばかり。
数年前からかなり大胆な金融緩和政策が実施されているが、株価など数字の上では一時的に効果が見られるものの、実体経済レベルから見れば「何をなってもだめ」という印象が根付いてきている。
日銀黒田総裁の「黒田砲」は何発放たれたであろうか。確か3年以上前の話だが、そのたびに株式市場が沸き立つばかりで、結果としてわれわれ国民に恩恵はなかった。

一部には、「すでに企業ではお金がプールされ始めており、これが設備投資などに向き始めれば経済が好転し、やがてわれわれの給料にも還元される」などとまゆにつばをつけたくなる話も聞こえてくる。
しかし、実態はどうであろう。シャープは中小企業として生き残りにかけるも、すでに自立できなくなり、外国の企業に身売り。
筆者世代の感覚では、台湾の家電メーカーに日本の代表する企業であるシャープが買われるとは大変ショッキングな出来事だ。


かつての天下の東芝、シャープが自立歩行困難

どこかに救済してもらわなくては潰れるシャープ。ホンハイに6000億円という巨額な資本を入れ、救済してもらう以上、シャープの経営の独立性を尊重してくれという条件は通用しないだろう。ホンハイでなくても「独立した経営をしていてだめだったからこうなったんだろう?」と考えるだろう。ホンハイの傘下で経営を再建し、なるべく首切りの人数を抑えてもらいたいものである。

東芝も空中分解寸前。単純に1万人のリストラと言うが、1万人が職を失うのである。
家電部門を売却し、「東芝」の会社自体は残そうと必死だが、そもそも家電を売っていた会社が、本体である家電部門を売却するというのだから、実質すでに空中分解していると言ってもいい。

なにも家電メーカーだけの話ではなく、とても景気が好転しているとは思えない状況で、われわれの所得が全体的に上がることがないのは明白だ。


昇給は期待できず、不安は増す一方

われわれはいつも、景気経済、政府の失策をうらむばかりである。

都心の繁華街では、つぶれた店の後に入るのは280円均一の居酒屋と立ち飲み、立ち食いの店ばかり。身なりのきちんとした50歳前後のサラリーマンでも、女性を同伴して立ち食い店に入るありさまである。世が世なら、ゆったりとした時間の中で、高級店での所作になれない女性をサポートしつつ、自慢話を交えながら女性を口説くこともできたであろうが、そうも行かない現状だ。

しかし誰にも責めることはできまい。そういう時勢なのであり、しいて言えば「景気」のせいである。

毎年の昇給は期待できないが、結婚し、出産し、子供を養育する立場になれば、通常50歳くらいまでは支出は増えていく。その後、親の遺産を当てにできる恵まれた方を除けば、自分の老後の資金、親の介護費などを、なんとか働ける内に捻出しなければならない。
一般的には60歳を過ぎ、ようやく住宅ローンの完済が見えてきた頃には、親の介護の問題が出てくる。住宅ローンとほぼ同額の介護費。はたしてこれからの日本で、全額引き受けられる長男長女がどれくらいいるのだろうか。

不安は増す一方である。

平均的な所得でも、住宅ローンだけでカツカツの生活を強いられる現状で、家を持たないという選択をする人も多い。しかし、ローンはいつか終わるが、賃貸の暮らしで家賃がなくなるということはない。住む家を相続することができなければ、一生死ぬまで家賃を払い続けることになる。老後、収入がなくなり、年金も期待できない日本で、死ぬまで家賃を支払い続けることが、生易しいものではないことは想像にたやすい。

こうしてみると、われわれの持つ選択肢のうち、どれを選んでも余裕がなく、苦しい、八方塞がりのようにすら感じてしまう。

来年春から消費税率が10%になる。
現在の所得税率は所得が330万円~695万円で20%。

働いては搾取され、感謝されず。わずかな給料から社会保険料や税金を支払い、あまり還元されない。家を買えば銀行に莫大な金利を支払い、賃貸で暮らせば死ぬまで家賃。

好景気で希望があれば、それが当たり前と思えるかもしれない。しかし、所得が上がらず、ビジネスが進展しない今のような状態は、八方塞がりと感じるのが普通の感覚である。

筆者もせいぜい、どうしてもお金が必要なときに現金を作る方法を探すことで、「転ばぬ先の杖」いざというときに生き延びるすべを持つばかりである。
秘密の安全でクリーンな方法を、メールでお教えしているので、ご興味があれば連絡してほしい。


人気記事セレクション
↓審査なしで20万円必要な方はこちらの記事から

【2016年版】比較!クレジットカード換金方法ベスト3

数日でお金が必要なら50万円は作れます

お金が借りれなくなったときの対処法

最新の現金調達法 【2016年更新】

金券ネット販売の停止

商品券クレジットカード購入の危険性

関連記事
クレジットカード利用停止にならない方法

数日で20万円のお金を用意する方法

クレジットカード支払い延滞でブラック入りはいつから?

審査なしでお金を借りたい人は・・

テーマ:クレジットカード・ローンカード - ジャンル:株式・投資・マネー

おすすめの人気記事
管理人が利用している『審査なし』『手続き5分』安全な現金の作り方
プロフィール

隊長

Author:隊長
年間200万以上は商品券を購入している、商品券の達人です。
商品券は時に、現金を超えた使い方ができます。
上手な購入の仕方、賢い使い方、裏ワザ的な使い方など、自身の体験談と共に紹介します。
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。