FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野々村元県議にみる金券ショップの利便性とその中毒性

nonomura


野々村県議の記者会見のインパクトが強すぎてうっかり聞い漏らすところだったが、このブログに訪問される諸兄には彼の手口は一目瞭然だったに違いない。

一年間に195回の日帰り出張で公費から300万円を支出しており、常識から言ってカラ出張であることはほぼ間違いない。切符を金券ショップで換金していることは明白である。金券ショップなら監視カメラが必ずついているはずなので、捜査が入ればバッチリ写っているはずだ。刑事告発されているのでじきに明らかになるだろう。

政務費で切手を175万円購入しているので、これも金券ショップで現金化しているのだろう。

野々村元県議は常軌を逸した使い方をしてしまったので問題が表面化したが、今頃冷や汗をかいている議員も少なくなかろう。筆者の予測では、公費で換金性の高いものを購入し、現金化している議員は他にも大勢いると睨んでいる。野々村元県議ほどの金額ではないにしろ、この一件で芋づる式に不正が明るみに出る可能性は十分ありえるので、ぜひ県民は追求の手を緩めないでほしい。

税金を自分の懐に入れることばかりに執着して我を忘れるような野々村は、県民の役に立つような仕事をしたいなどとは、今までにただの一度も考えたことがないだろう。不正が明るみに出ても未練がましく訳の分からないパフォーマンスでごまかし、議会の聴聞でも「覚えていない」の一点張りで逃れようとする有り様。
東京都議会のヤジ問題で都民の民度の低さが浮き彫りになり、筆者も一東京都民として慙愧にたえない思いであったが、ヤジ問題など一発で吹き飛ばしてしまう衝撃度があった。

新幹線の切符や切手などを購入して領収書を作り、そのまま金券ショップで買い取ってもらい現金化して私腹を肥やすとは、なかなか目の付け所はよかったものの、現金を手にしてしまうと、こんなに簡単に金が手に入るのかと中毒のようになってしまったのではないだろうか。おそらく最初は問題にならない程度の額だったはずだが、年数を重ねる内に欲をかいて金額、回数が今回明るみになったように常軌を逸したものになったのだろう。
もしかしたら先輩議員のやり方を見てこの手法を学んだのかもしれない。

しかし金券ショップとはげに便利なものである。ただしやり方、節度を守れば、である。おそらく野々村もバレなければ永遠に続けていただろう。
慣れとはおそろしいもので、己のしている事が客観視できなくなってくる。今回は自分にも戒めとして我が身を振り返るいい機会になった。




スポンサーサイト

氷室京介引退か

himuro


氷室京介が来年に予定されているライブを最後に、ライブ活動は休止するそうだ。

氷室京介はまだまだものすごい集客力持っているのでもったいないが、体調でも悪いのだろうか。今調べてみると1960年生まれなので現在54歳。54歳になってもオーラがあふれていて言動も若いが、走り疲れたのだろうか。LAに移住してからはゆったり活動しているという印象を持っている方も多いと思うが、職人気質なところがあり、普通のミュージシャンではありえないくらい音響機材の知識も豊富で、エンジニアが舌を巻くくらいだそう。1曲にかける熱量が高いのだろう。LAの若いボーカリストと組んで曲を発表したりしていたし、数年おきにCMにも出演していて、ずっと忙しかったのではないかと思う。

最近は車のCMで、トラッキングしながら趣味のカメラを構えて野うさぎを撮影していた。久々に画面に映る姿はまるで衰えは感じなかったが、おそらくああいったCMに使われている曲も描きおろしで、そのCMのために作ったのではないだろうか。

その前はコーラ系炭酸飲料のCMだった。氷室京介といいうブランドが確立されているので、度々CMに起用される。

氷室氏は今年3月からスタートした50公演のソロ25周年ツアーの真っ最中で、ライブ活動休止の発端となったのはどこかのライブで「卒業」という表現でファンのみんなに伝えたそうだ。それが「引退」という形で伝わって、高橋まこともtwitterで驚きを隠さなかったらしい。
結局公式サイトで、ライブ活動は来年で最後という意向であると発表されたので、ひとつの区切りになることは間違いないだろう。
「次の横浜2デイズをもって氷室京介を卒業する」と本人からの発言だったそうだ。
理由はやはり体力の衰えで、このツアー中も「納得がいかない」と繰り返しスタッフに漏らしていたそう。氏の妻である事務所幹部も寝耳に水だったそうで、このツアー中にイメージ通りのパフォーマンスができないと感じての発言だったようだ。

布袋寅泰は最近ロンドンに活動の拠点をおいているそうだが、氷室京介がLAだからヨーロッパを選択したんだと思ってしまう。

筆者が中学の時にboowyが解散したのだが、解散後確か布袋が先にソロでさらば青春の光を出した。歌詞に「手に入れた思いでさえいつの間にか色あせて」「何もかも捨ててしまえ」とある。その後氷室がKiss Meで歌詞に「kiss me 思いでさえ捨てたら許さない」とあり、boowyファンの友人と「やっぱり仲がわるいんだ。布袋の曲のアンサーソングだぞこれは。」と話していたのを思い出す。
しかし今調べてみると、解散してからこの2曲が出たのは結構後で、しかもkiss meの方が先にリリースされている。記憶というのはかくに曖昧なものだ。

布袋寅泰氏の公式ブログにはこう記されている。

『もし彼が本当にステージから姿を消してしまうなら
「最後のステージはせめて一曲でも 隣りでギターを弾かせてほしい」
そう願うのみ。』

胸が熱くなるようなコメントだ。

さて、商品券相場だが、数ヶ月間高騰していた百貨店共通商品券の価格がようやく落ち着いて、97.5%程で見かけるようになった。
JCBギフトカードは上昇傾向で新宿アクセスチケットで97.0%。大黒屋で98.2%。全体的に5000円券が品薄傾向に感じる。
おすすめの人気記事
管理人が利用している『審査なし』『手続き5分』安全な現金の作り方
プロフィール

隊長

Author:隊長
年間200万以上は商品券を購入している、商品券の達人です。
商品券は時に、現金を超えた使い方ができます。
上手な購入の仕方、賢い使い方、裏ワザ的な使い方など、自身の体験談と共に紹介します。
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。