出張で利用するビジネスホテルはクオカード付きの部屋が主流

出張などでビジネスホテルを利用する機会がない方はご存じないかもしれないが、ビジネスホテルでは全く同じタイプの部屋で、クオカード付きの部屋と、クオカードがついていない部屋を用意している。

同じタイプの部屋なのに、2000円のクオカード付きの部屋が9000円。クオカードがつかない部屋が7000円。といった具合に、クオカード代がそのまま宿泊費に乗っかっている。

なぜか。

出張でビジネスホテルを利用する場合は、宿泊費は会社持ちである。
出張に行く際、宿泊先のホテルは出張する本人が予約するが一般的なので、みんなQUOカード付きの部屋を予約する。

賢明な諸兄はもうお分かりだろうが、9000円の宿泊費は会社が支払うが、2000円分のQUOカードは宿泊した者のポケットに入るのだ

出張時の宿泊費は、仮払いとして先に会社から預かるにしても、自分が立て替えて後で精算するにしても、領収書が必要になる。
この場合、9000円の宿泊費には2000円分のクオカード代金も含まれている。しかしクオカードは、「朝食付き」と同じような宿泊に付帯するサービスとしてついているので、9000円の宿泊費を7000円の宿泊費と2000円のクオカード代と切り離せるものではない。同じタイプの部屋で、クオカードがつかない部屋が7000円で用意されているので、2000円分のクオカード代がそのまま加算されているのは明白なのだが、建前としては宿泊先で受けたサービスの中に2000円のクオカードがついていただけで、宿泊費は紛れもなく9000円なのである。

安い7000円の部屋に泊まっても、宿泊費は会社が支払うので、宿泊する本人にはなんのメリットもない。9000円の部屋に泊まっても社会通念上、常識の範囲から言ってさほど高額な部屋でもないので、誰に指摘されることもない。おおっぴらにはできないが、みんな当たり前のようにQUOカード付きの部屋に泊まるのだ。

からくりを聞けば、「なるほどそうか」というこのQUOカード付きの部屋だが、すでに一般的に認知されて久しい。しかし最初にこのアイデアを宿泊プランとして実現した人は非常に賢いと思う。部屋につくQUOは1000円~2000円が一般的で、ちょうどごまかせるくらいの金額だ。これが4000円、5000円となると、経理も領収書を見て「ちょっと高いぞ?」と疑問を抱く金額になってしまう。
今や、QUOカード付きの部屋を予約するのが常識なので、QUOカードつきの部屋を用意していないホテルは他のホテルと競争できないほどだ。

QUOカードは各コンビニの他、チェーン展開している書店、レストラン、ドラッグストアなどで使える、生活に即した使い勝手の良い商品券だ。0円まで使い切ることができるプリペイド式なので、そのまま小遣いになると言える。司法の観点から横領にはあたらないとのことであり、ビジネスマンたちのささやかな役得といったところか。

これが、現金でのキャッシュバックが付く部屋では、横領に当たるのではという不安や罪悪感からあまり利用されないと思う。こんなところでも現金を凌いだ利用がされている商品券を見ることができるのだ。

quo1




スポンサーサイト

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

おすすめの人気記事
管理人が利用している『審査なし』『手続き5分』安全な現金の作り方
プロフィール

隊長

Author:隊長
年間200万以上は商品券を購入している、商品券の達人です。
商品券は時に、現金を超えた使い方ができます。
上手な購入の仕方、賢い使い方、裏ワザ的な使い方など、自身の体験談と共に紹介します。
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR